生産サイド向け3次元ソリッド板金CADシステム
SheetWorks for Unfold Ver.7

 ご覧になりたいオートデモをお選びください。


ファイル名称 内 容
生産設計編 形状だけデザインされた工作機械のカバーを、加工可能な板金部品に分解。
インポート編 取引先で設計された精密機器の板金部品を受け、板金加工(曲げ、金型)属性情報を認識し展開図を作成、CAM工程や見積指標用として出力。
既存データ活用編 APデータ(アマダ製自動プロ専用データ)から3Dソリッドモデルを作成し、汎用3D-CADの高度な機能を活用。
自動設計編 雛形モデルから寸法違いのモデルを自動設計するデモンストレーション。
三面図立体化
 /面抽出・面合成編
測定装置のシャーシ部品の2D三面図から3Dソリッドモデルを作成し、展開するデモンストレーション。
三面図立体化
 /サーフェス編
傾斜面が多いパーツの2D三面図から3Dサーフェスモデルを作成し、板金ソリッド化の後各モデルを展開するデモンストレーション。
三面図立体化
 /ソリッド編
測定装置カバーの2D三面図から3Dモデルを作成し、バラシ、板金化をするデモンストレーション。
作図コマンド編 板金形状に多く見られる定型穴やノッチ形状について、作図コマンドを使用して完全定義されたスケッチを作成。