概要説明
動作環境

資料ダウンロードのページへは下のボタンをクリックしてください。



生産サイド向け3次元ソリッド板金CADシステム
SheetWorks for Unfold
◆SolidWorksをベースに
  ベースCADに機械系3D/CAD「SolidWorks」を採用。強力な設計機能・設計検証ツールが活用でき、効率的な生産設計が可能。

◆板金用モジュールを搭載
  アマダのノウハウが詰まった板金用モジュールを搭載。
  • 全方位3次元受けCAD:様々な設計CADから3Dデータ(IGES,STEP,Parasolid,SAT,etc.)を受け取り、板金属性付きの展開図を出力。
  • バッチ処理機能:CAMサイドに必要な情報を一括出力。
    (加工属性付き展開図出力,板金モデルチェック,三面図出力(自動寸法),見積指標出力などを自動実行)
  • 板金ソリッド作成機能:シェルモデルに対し、各エッジに「曲げ」「突合せ」などの板金定義を施すことにより、板金アセンブリモデルを自動作成。
  • パラメトリック機能:MicrosoftExcelと連動してモデルの伸縮ができます。
  • 鋼材解析:アングル/チャンネルのモデル作成・突合せ設定ができ、カットリストの作成や部品図面の自動出力が可能。
  • TubeCAD:丸パイプ/角パイプのモデル作成・突合せ設定ができ、TubeCAM(Dr.ABE_Tube)にデータを渡すことが可能。


設計サイド向けSolidWorksアドインソフトウェア
SheetWorks for Design
  SolidWorksにアドインするアマダのノウハウが詰まった板金用モジュール。
  • 板金ソリッド作成機能:シェルモデルに対し、各エッジに「曲げ」「突合せ」などの板金定義を施すことにより、板金アセンブリモデルを自動作成。
  • 板金モデルチェック:曲げ近傍の穴・成型、穴サイズ・穴間ピッチ、最小曲げ高さなどをチェック。加工不可能なモデルの出図を未然に防止。


製品紹介商品体系と価格イベント・セミナー講習とサポートFAQ資料ダウンロード
リンクサポート情報お問い合わせHOME
SheetWorksトップページお問い合わせサポート情報リンク資料ダウンロードFAQ講習とサポートイベント・セミナー商品体系と価格製品紹介SheetWorksトップページ